2014年 05月 21日

曾木発電所遺構

鹿児島県伊佐市大口 曽木の滝から1.5kmほど下流。

西日本最大級の重力式ダム 鶴田ダムのダム湖(大鶴湖)に1年の内
5月から9月までの間全景を現すという、
曾木発電所遺構を見に行って来た


写真をクリックするとFrickrに飛びます


曾木発電所遺構

この曾木発電所(水力発電所)は、明治42年建設 東西幅43m 奥行20m 高さ19m 2階建て一部3階建の建物であり鹿児島県に唯一残る明治時代のレンガ作りの建物です。当時は、大口金山・牛尾金山及び近隣の市町村への電力供給と水俣市の日本カーバイド商会(現チッソ株式会社)に電力を供給してました。日本の電気化学工業の発祥のきっかけになった産業遺産です。

曾木発電所遺構

管理棟 3階建部

曾木発電所遺構

水圧管支持工部跡

曾木発電所遺構

水圧管支持工部跡とヘッドタンク跡

曾木発電所遺構

発電機室跡

曾木発電所遺構

曾木発電所遺構



帰り道、鶴田ダムへ寄ってみました。
ダム再開発工事中でした。

鶴田ダム

鶴田ダム

鶴田ダム

鶴田ダム

鶴田ダム


[PR]

by tecto0921 | 2014-05-21 18:29 | 産業遺産 近代化遺産


<< 大浪池      時雨岳 >>